お肌のために加工食品は避け、ビタミンを摂ろう

ビタミンは身体を作る源

まずは基本中の基本からの話ですが、あまりおすすめできない食べ物は「加工食品」ですね。お菓子やインスタント類の食品など。

これらは、栄養素のビタミンが少量しか含まれていない上に、脂肪分や糖分がハンパなくたっぷりと含まれています。たまにならいいだろうと考える方もいますが、できるなら避けたい食べものなのです。

私もインスタントの焼きそばなどをよく口にしますが、これからは考え直したいと思います。含まれる合成保存食の中に骨などに悪影響を及ぼすものが入っていて、老化につながる悪い効果があるようです。これはお肌のためでもありますが、健康のためでもあります。NO、NO、加工食品。

ビタミンEは、お肌に良いからおすすめ

お肌に良いものは、やっぱり「ビタミン」が一番ですね。食事からでも、ビタミン剤やサプリメントなどからでもOKですから、たっぷりと摂りたいものです。

まずは「ビタミンE」、若作り、失礼、若返りのエキスとも言われていて体の中で酸化を防ぐ働きをしてくれます。肌のうるおい感を保ってくれます。

食べ物なら、緑黄色野菜(かぼちゃ、ピーマン、ほうれん草、ニンジン、小松菜、ブロッコリー)、うなぎ、アーモンド、ピーナッツなどです。どれもスーパーで簡単に手に入る食品だから、手軽にお肌ケアできますよね。積極的に取りたい食べ物です。YES、YES、ビタミンE。

ビタミンCとβカロチンもお肌に良いね

ビタミン紹介シリーズの続きです。お肌に良いと言われるビタミンの話ですが、今回は「ビタミンC」です。

何気にビタミンCって馴染みがなくないですか?私だけかな。とりあえず、このビタミンCはお肌のハリや弾力に必要なコラーゲンの合成を助ける働きをしてくれます。

お肌プルプルの元となるコラーゲンは重要ですよね。あと、メラニン色素を育てることにも役に立つとか、トマトやイチゴ、パセリ、赤&黄ピーマンなどの多く含まれていますね。

他には「βカロチン」もお肌に良い効果を与えてくれるもので、肌荒れ防止の作用があります。これは緑黄色野菜に含まれていますから簡単に補えますね。

お肌のために「フルーツ」を食べましょう

お肌のために「フルーツ」を毎日出来るだけ、たくさんの種類食べるのも良いそうです。

フルーツには、たっぷりと酵素が含まれているので美容と健康のためにとても良いと思います。でも、そればかりではどんなもんなんでしょうかね。どなたか試してみてその効果を教えてください。

最近は、「スーパーフルーツ」なんてものがあるようです。私は知りませんでした。これからいろいろと調べてみてあとでご報告させてください。アムラやアサイーベリー、ガックとか。馴染みがないフルーツ名です。フルーツなのかも怪しいですが、最近の流行です。

お酒は肌に悪い影響を与える場合もある

女性の方で「お酒」が大好きで、毎日飲む習慣がある人は注意しなければいけませんよ。

実は、お酒ってお肌のハリやうるおいを落とす効果があると言われています。「コルチゾール」が関係するとか、なんやかんやと書いてありましたが、少し理解できなかったので省略します。

とにかく、お酒はお肌に悪影響を与えるので、なるべくは避けたいものです。少量ならオーケーかもしれませんが、飲んでると調子に乗ってたくさん欲しくなるのがお酒です。ですから、最初から飲まないほうがいいと思います。どうしても飲みたいなら毎日飲むのはやめにして、週に1、2回くらいの適度な量にすればいいと思います。